IPv6@ふたば
[ホーム]

[掲示板に戻る]
レス送信モード
おなまえ
E-mail
題  名
コメント
添付File []
削除キー(記事の削除用。英数字で8文字以内)

画像ファイル名:1585256923101.jpg-(9375 B)
9375 B無念Nameとしあき20/03/27(金)06:08:43No.10784+ 21年1月頃消えます
知らせていない質問をしていく山本太郎VS原稿読むだけの丸川珠代
http://www.youtube.com/watch?v=o6lZ7bkrRBY
1無念Nameとしあき 20/03/27(金)06:09:20No.10785+
丸川が党の意向を述べてるんだけなんですね

ゴミだわ
2コロナ対策「日本だけ遅い」批判が軽率な理由 「意思決定の遅い組織」が正解を掴む時もあるNameとしあき 20/03/27(金)06:16:17No.10786+
熊村 剛輔 : セールスフォース・ドットコム シニアビジネスコンサルタント / エバンジェリスト

 組織が危機的な事態に直面した際、トップは、その事態から脱するために、“最善の手”を尽くさなくてはならない。だが数々の選択肢の中から、それを選ぶことは非常に困難だ。

 自分が下した次の打ち手が、本当に最善であるのかどうかを知ることができるのは、大抵、その危機的な事態を切り抜けた後か、もしくは本当に取り返しのつかない状況になってしまってからである。一見、最悪に見えた打ち手が、実は後々考えたら“最善の手”だったということも少なくないし、その逆もありうる。そういう点では、何が妙手で、何が悪手かを評価することも難しい。

■対応が早かった欧米の組織

 新型コロナウイルスの脅威が報じられ、中国の習近平国家主席が、その対策を本格化させたのが1月20日。中国以外の各国は、ここから、自国が危機的な事態を避けるために、何をすべきかを考えることになった。
3無念Nameとしあき 20/03/27(金)06:16:50No.10787+
脅威に対する、国内外の組織のこれまでの対応は、きちんとした“危機管理”と、そのオペレーションが、いかに重要かを改めて深く考えさせられる機会となったはずである。そして、今、各国の“最初のアクション”と、その後の動きをあらためて考えると、その違いが、非常にわかりやすい形で出ているのがわかる。

 新型のウイルスという、未知なる脅威を前に、中国や欧米の先進国では「いち早く」「かつわかりやすく」「目に見えるような」対応を行った。例えば自国民の中国への渡航禁止を言い渡したり、疑わしき人に対して検査を義務づけたり、場合によっては、感染者をすぐさま隔離するようなこともしてきている。

 欧米では、こういった“身内の安全”をはじめ、いわゆる“危機”に関わることに対するアクションが、本当に素早い。それは、2011年3月の東日本大震災においてもそうだった。それは、多くの外資系企業が、いち早く本社機能を西日本に移したり、(日本に赴任している本社社員を)直ちに帰国させたりといった対応にも表れている。

https://toyokeizai.net/articles/-/337663
4無念Nameとしあき 20/03/27(金)06:19:28No.10788+
意思決定が遅いんじゃなくて
全く対応する気がない
麻生財務相に至っては現金給付も年金の拡大も考えてない
決まっているものは税金消費税を払えと言う態度
日本でコロナ以上に有害なのは財務省だ
国土全域の経済活動が停滞している状況に必要な判断がないとホンキで考えているなら現政府は国民にとって不要だろう
5三浦瑠麗氏「人を使う側が使われている人を踏みつけにする社会はよくない」 日本の格差問題を一刀両断Nameとしあき 20/03/27(金)06:23:18No.10789+
 国際政治学者の三浦瑠麗氏が18日、フランスの経済学者トマ・ピケティによるベストセラー経済学書「21世紀の資本」を映画化した社会派ドキュメンタリー「21世紀の資本」の上映会トークショーに登壇した。

 2014年に日本でも発売され、ブームを巻き起こした経済学書「21世紀の資本」は、700ページという大作のため、完読が難しいともいわれている。そこで、著者のピケティ氏自身が監修から出演までこなし、一般人でも五感だけで理解できるよう完全映画化した。映画では、「ウォール街」「プライドと偏見」「レ・ミゼラブル」「ザ・シンプソンズ」などの映画や小説、ポップカルチャーをふんだんに使い、過去300年の世界各国の歴史を“資本”の観点から切り取っている。
 
 トークショーには、原作本「21世紀の資本」を手掛けた翻訳家の山形浩生氏も参加した。

 三浦氏はまず、出版当時の2014年は非正規の研究員だったことを明かし、「実際問題として、政策当事者が格差の問題をほおっておいて市場に任せるのではなく、政治がやらなければいけない問題として認識したということはあると思います」と本書の意義を説明した。
6無念Nameとしあき 20/03/27(金)06:23:51No.10790+
司会から、日本の格差社会のテーマとして「親よりも子が貧しくなっているという世代間の格差の問題」について問われると、三浦氏は「日本は、わりと高額所得者に対しても、大企業に対しても、いざかけろと言われたら重税をかけることができる国だと思います。疫病、戦争、外部ショック、日本円の信用が完全に失墜した時には、何らかの措置を講じて一体性を維持しながらできると思うんです」と前置きをした。

 そのうえで、「ただ、現状で何も破壊が起きない中で、果たして格差に対する対応ができるかというと、そうではないと思っています。さらに、シルバーデモクラシーと言われるように、高齢者のほうが人数が多い、投票率が高い。私は『失われた20年』の世代ですが、もっと下の世代になると、安倍政権しか覚えていない世代が出てくる。そういった世代の人たちからすると、過去と今を照らし合わせた時に、テクノロジーもよくなっている。カルチャーも育っている。なぜ高度経済成長期の夢に浸っているような野党がいるのかわからないという、非常にねじった感じの有権者の構造になっている。
7無念Nameとしあき 20/03/27(金)06:24:33No.10791+
 現実に割と苦しい暮らしをしている人よりも、まあまあ財産形成をした60代の方々のほうが格差に関心がある。しかも、富裕層も少数ですが、いないわけではない。そこは完全に政治から乖離しまっている」と、世代間で感覚や考えが分かれていることを指摘した。

 続けて、日本の現在の政治構造を解説。「古い国産企業は、お国に貢献する意識があって災害の時にも資材を提供するが、ニューエコノミーの人たちはどうかと言うと、そういう人は少ないのかもしれない。だから、ある意味、政治対立が健全な形で、成長重視、分配重視に分かれて二大政党になることも今のところは実現していない」と語った。

 ここで、新型コロナウイルスの感染問題を受けて問題意識を提起し、「拾われる観点で言うと、どちらかと言うと、40代の就職氷河期世代を選び取ってしまう。その結果として、シングルマザーの子育て世代が餓死してしまうケースがあったり、児童虐待が往々にして貧しい家庭で起きたりすることが、見過ごされてしまう。私たちは日々、新型コロナウイルスの死者数をこんなに見ているのに、じゃあ児童虐待の死者数を見ているかというとそうではないですよね。
8無念Nameとしあき 20/03/27(金)06:25:18No.10792+
 一見、非常に同質的でお互いに同胞意識があるような国に見えていながら、自分が感じ取れる痛みというものが、セグメントによってすごく狭い。それを一気に広げる問題提起をしていかないと、ずるずると格差が開いてしまう可能性もあるかなと思っています」と指摘した。

 そのうえで、コロナ禍で落ち込む日本経済には何が必要なのか。問われた三浦氏は「日本の2020年に関しては、経済対策を本格的に打ちながら、その中で今までできなかった改革をするべきだと思います。今回、政府やいろいろな政党に提案したのが、子育て世代にとって、今一番使いたい保育代、教育費、そういったものを日本は今まで教育支出について先進国の中でも低いレベルで家計が充当してきた歴史があるのですが、こういった時にこそ、例えば税額控除、税前控除だったり、いろいろなスキームを組み合わせて、専業主婦の家庭であっても、あるいは共働きの家庭であっても、いろいろな組み合わせで使える制度を作るべきじゃないかと。世の中を見渡せば各国にいい制度があるので、そんなに長い間に検討しなくても、一応できるんですね。
9無念Nameとしあき 20/03/27(金)06:26:04No.10793+
 ガラガラポンが来る前に、今回も緊急対策の名目で入れていって、様子を見て定着させていく、それがあってもいい」と強調した。

 さらに、「もうひとつ。私は自分で株式会社をやっているのですが、そこでのモットーは、もちろん私生活と仕事を分けるということもありますが、労働が楽しくなければいけないというモットーがあるんです。私は社長でみんなより豊かかもしれない。そこで、より豊かで人を使っている側が、使われている人を踏みつけにするような社会はよくないと思います」と考えを述べた。

 山形氏は「この本が売れた理由の一つに、世界で経済格差について考え直すというきっかけがあり、この本が出版されて、関心を持っている人たちに訴えかけた」などと分析した。

https://encount.press/archives/31996/
10高樹沙耶「商品券より大麻の有効利用解禁」ツイート…買い占め多発にも「わざわざパニクらせてるとしか」Nameとしあき 20/04/02(木)10:32:38No.10817+
 大麻取締法違反で有執行猶予付きの有罪判決を受けた元女優の高樹沙耶さん(本名・益戸育江=56)が26日、自身のツイッターを更新。新型コロナウイルス問題に関して持論を展開した。

 高樹さんは、政府が感染拡大に伴う緊急経済対策として、現金給付案、商品券配布案などを検討していることを受け「商品券より大麻の有効利用解禁!」とツイート。

 また、東京都の小池百合子知事(67)が週末(28、29日)の不要不急の外出を控えるよう要請したことで、スーパーなどで買い占めが起こっていることに対し「自粛の発表前に大型ストアー小売店に先に伝えて段取ればパニックは小さくできるわけで、わざわざパニクらせてるとしか思えない!」と指摘。

 「この関連の出来事は大きくなれば自給率の低さに身悶えることにもなる」と危惧し、「今後のためにもシステムの改善が必要」とつづっていた。
11無念Nameとしあき 20/04/02(木)10:34:16No.10818+
https://hochi.news/articles/20200326-OHT1T50162.html
12無念Nameとしあき 20/04/06(月)09:48:09No.10834+
だーかーらー
こんなの「住民税非課税の世帯」でいいんだって(笑)

↑この条件にしておけば、新しい制度や組織とか作らなくても
地方自治体レベルで大ざっぱな困窮者救済が即実行可能なんだよ、

実現可能性が最優先だろ?理解しろ多国籍自民ども
13『モーニングショー』青木氏、“番組名指しの批判が嘘だった”と苦言 自民・和田議員が反論Nameとしあき 20/04/07(火)07:14:40No.10840+
31日放送の『モーニングショー』(テレビ朝日系)でのジャーナリスト・青木理氏の発言が、物議を醸している。

 『モーニングショー』と言えば、新型コロナウイルスの報道を巡り、これまで厚生労働省公式ツイッターや内閣官房国際感染症対策調整室公式ツイッターなどからたびたび苦言を呈され、番組側が放送内で反論するなどして騒動となっていた。

 そんな中、この日の放送では、緊急事態宣言が出る可能性やその内容などに触れる一幕があったが、青木氏は13日に改正された新型インフルエンザ等対策特別措置法で、「新型インフルエンザ等対策を的確かつ迅速に実施するため特に必要があると認めるときは(中略)指定公共機関に対し、必要な指示をすることができる」と定められていることに触れ、指定公共機関のNHK以外の民放は今回は指定されないものの、政権が変わった後に解釈次第で指定公共機関になる恐れがあるとしつつ、
14無念Nameとしあき 20/04/07(火)07:15:58No.10841+
 一方で番組ファンからは、「明日にでも緊急事態宣言が発令されるかも知れない状況なのに、この番組が何故非難されるのか理解できない」「政府にとって忖度しないこの番組は脅威なのかもしれない」といった声が集まっていた。

 2019年の平均視聴率ランキング(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で、番組同時間帯1位を獲得した『モーニングショー』。視聴者が多いだけに、さまざまな議論を生んでいるようだ。

https://npn.co.jp/article/detail/200002706
15自民党またモーニングショーに圧力 和田政宗が青木理発言に事実でないと噛みつくも嘘は和田のほうだったNameとしあき 20/04/07(火)07:17:20No.10842+
安倍自民党がまたぞろ『羽鳥慎一モーニングショー』(テレビ朝日)に対し、圧力を仕掛けている。

 安倍政権のコロナ対応を厳しく批判し続けている同番組については、内閣官房、厚労省、自民党広報のツイッターが一斉に反論を仕掛けるも、その反論じたいがデマだったことが明らかになり、「報道圧力だ」と批判を受けたばかり(詳細はhttps://lite-ra.com/2020/03/post-5296.html)。

 ところが、連中はまったく懲りていなかったらしい。今度はコメンテーターの青木理氏の発言について、自民党の広報副本部長から国交大臣政務官兼内閣府大臣政務官に出世したネトウヨ議員の和田政宗参院議員が、ツイッターでイチャモンをつけてきたのだ。和田議員に煽られ、ネトウヨや安倍応援団が一斉に青木氏や玉川徹氏、『モーニングショー』を炎上攻撃する事態となっている。

https://lite-ra.com/2020/04/post-5349.html
16無念Nameとしあき 20/04/21(火)11:59:02No.10895+
    1587437942487.jpg-(12768 B)
12768 B
ぼくちゃんスポンサー
よしもと選んで100億円
17無念Nameとしあき 20/04/21(火)19:24:41No.10901+
    1587464681120.jpg-(119795 B)
119795 B
「人生会議」ポスター炎上。
煽りじゃ真意は伝わらない

厚生労働省は予定していた自治体へのポスター配送を中止
吉本興業著の契約金がおよそ4000万円だったことも判明して騒ぎになりました
18無念Nameとしあき 20/04/24(金)00:21:38No.10909+
長らくってまだアメリカ大統領の二任期分もたってないんだが
8年程度で腐敗とか日本はサバかよ

- GazouBBS + futaba-